スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ようやく...
ようやく       火が上がった!



あと1週間くらいで  窯出しやな~


炭焼きの作業を とっても簡単に説明すると

1.炭木(荒樫)切り  (炭の原木となる木の切り出し)
2.木ぞろえ       (切ってきた木を並べる)
3.窯くべ         (木を窯の中にくべる)
4.窯焚き        (窯の下から火を焚いて、窯の中の木を乾燥させる)
5.火上げ        (木に火をてつける。ここから木が炭になっていく)
6.練らし        (窯の中に空気を送り、余計なガス成分をとばし炭の純度を高める)
7.窯出し        (キラキラと燃える炭を窯から掻き出し、素灰をかけて火を消す)

となります
 
この中で、 炭の良し悪し が決まる一番の作業が
5の 「火上げ」 です

「火をてつける」 と書いたけど
窯の中に入って火をつけるなんてことは出来ないので
窯の下の焚口から、強く火を焚く、また 空気の流れを強くする ことによって
中の木を自然発火させるのです

最近は温度計を使ったりもしますが
火が上がったかどうかは 煙の色 匂い 味 などで判断します
経験 と 勘 が 必要な作業
正直 まだよくわからんです...  けど、  だから、  おもしろい



窯の口の上のほうに 「けぬき」 という穴を開けます
P4130087_convert_20120414234357.jpg


上がり始めは 青がかかった煙が出ます
P4130093_convert_20120414234554.jpg


うまく上がってくると だんだん白が強くなってきます
P4140114_convert_20120414234715.jpg


横から見たところ まだ少し青が混じっている
ほぼ上がった感じ これから少しずつ空気の入り口を締めていきます
P4140117_convert_20120414235110.jpg


後ろの 煙道 「しょうじ」
P4140116_convert_20120415000240.jpg



遠くから
P4130105_convert_20120415000757.jpg



写真で見るとすぐ上がったようにみえるけど
久々の 火上げ で、 実は 何日も かかってしまったのです...
けど、いい 「かざ」 がしてるから 
ちょっと 嬉しい

火上げが 悪いときは   少しへんな 「かざ」 がするのだ

今回は 甘く なんともいえない いい 「かざ」 がしている

この火を上げるときに漂う 炭焼きの 「かざ」 が 僕は たまらなく好きだ


近くに寄りすぎると 強すぎてきっついけど


 
さて、どんげな炭が出てくるかなぁ~





宇納間ことば辞典  
 「かざ」    香り、匂い
 「かざむ」   香り・匂いをかぐこと




スポンサーサイト


炭焼き | 23:06:45 | トラックバック(0) | コメント(3)
コメント
炭窯について
上村様。
楽しくブログを拝見しております。
前回の炭窯の作り方ですが、もう少し詳しく教えて下さい。
例えば、土団子を支える為の窯の中の木の立て方や屋根の厚さ等・・・。
石灰や砂は使わないのですね。
非常に興味を持って拝見しました。
       ギャラリーKAN
           林 完造
2012-04-19 木 06:26:19 | URL | ギャラリーKAN [編集]
1日遅れの。。。
誕生日おめでとうを。。。!
2012-04-23 月 01:01:09 | URL | 通りすがりの者ですが [編集]
林 完造様
コメントありがとうございます。
炭窯の作り方ですが、僕は作った経験がないので
正直よく知りません
他の人からの聞き伝えでよければ、今度聞いておきます
しばらくお待ちください。
石灰、砂は使わないようです
粘土を焼いた焼け土が収縮しないので、砂の代わりのようなものですね


通りすがりのものですが 様

どなたが存じませんが、ありがとうございます!
通りすがりの人に 誕生祝いを言われたのは
人生で初めてです! 笑
2012-04-24 火 22:55:07 | URL | ようへい [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。