スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ひさびさ ひさびさ
海の向こうから   (といっても国内やけど)
嬉しい便りが来て  (まあ、いまどきの電子メールやけど)
ひさびさに 筆を執ります  (比喩ね)


パソコンが反応悪くて どうか書くのがよだきぃなって
いつのまにか数ヶ月が過ぎてしまったな
ここまで書くのにも何回も止まって...
大学卒業した頃に買ったものやから ぼちぼち寿命かなぁ
どっかにパソコン落ちてないかな(笑)



北郷に来て いつの間にか 丸5年が過ぎ6年目に突入!!
忘れもしない あれは確か1月6日か7日  (忘れとるやん!!)
僕の北郷での暮らしが始まった
最初は福田さんの家に居候させてもらって 炭焼きの作業を手伝わせてもらった

ほどなく、借りれる家も見つかったけど、すぐに住めるような状態じゃなく
床をひっぺがし張り替えたりして とりあえず住めるようになって
引っ越したのが 4月の30日
そのときはまだ 4部屋のうち2部屋の床はなかったけ

それから、山仕事を学んだり、炭焼きを学んだり、ログハウス作りを学んだり
川遊びを学んだり、海の遊びも学んだり、その合間にちょこちょこ家を改修したり
..............



学生時代、自転車旅をしていたときに思った

『遠くの目的地であっても 方向を間違わず、こぎ続けて行けば いつかは目的地に辿り着くんだ。
 
 きっと、人生も一緒なんだろう』 って



あれから、10年近く経つ
僕はいまどこにいるだろうか どこに向かおうとしているのだろうか

時には、休んだり 方向を見失うこともあるだろう
けれど、時々ちゃんと自分の目的地を確かめて また歩き始めなきゃと思うのです


大きな目標
 ・笑顔で、いい顔して 人生を生きること
 ・大きな循環の流れのなかで 暮らしをすること


とりあえずの目標!

『4月30日までに 今溜めている板やら丸太やらを使って 家の整備をすること!』
(何年同じことを言ってるのか(苦笑))

 そして5周年記念パーティーやな♪
 
 


2013年の上村家は
      
  上村洋平  (ボロ屋の家主、性別 男、年齢31歳、特技 思いつきな行動・計画)
  れの    (ネコのように飼い主がたくさんいる犬、メス、5歳くらい?、誰にでも腹を見せる)
  しろ    (れのの仔、出戻り犬、メス、御年1歳3ヶ月、お手が得意)

 の 2匹と1人 元気に過ごしております!

 

 今年もよろしくお願いします


 

あ、便りの内容とブログの内容は ほぼ無関係ですので...






あと、12月にコメントをくれた方
遅くなりましたが ありがとうございました!
ばったり会ったときは声をかけてくださいな
よろしくお願いします♪





 


スポンサーサイト
こころ | 23:12:47 | トラックバック(0) | コメント(4)
2012年の抱負
昨年は

“家の改装を仕上げる”

という目標をかかげていたのだが、う~ん...

まだまだですな





今年の目標は

“想いをカタチにする”    こと

そのために、目標に向かっての道筋を確認し、一歩ずつ進もうと思います






『我十有五にして学に志し、
 三十にして立ち、
 四十にして惑わず。
 五十にして天命を知り、
 六十にして耳順(したが)う。
 七十にして心の欲する所に従つて矩(のり)をこえず。』
        
                    
                         孔子 『論語』より





『 三十にして立ち 』!!!!!                                  げな








こころ | 23:57:24 | トラックバック(0) | コメント(2)
川への想い
最近は川にはまったく行ってないのですが
川への想いを、少し...



リバーガイド  なんて肩書きで
人に自己紹介することもあり、実際にカヌー・カヤックのガイドとして仕事もさせてもらっているが
昔から川との関わりが深いわけではありません
川の生き物についても、恥ずかしながらあまり詳しくはないです




僕の子供のころの川遊びの記憶は

鹿児島のいとこ達といったキャンプで、
そばに川があって“轟の滝”と呼ばれてる滝つぼで遊んだことと
同じく、いとこ達といかだ大会に出て、
自分達で作ったいかだ(大人もだいぶ加勢をしてたと思うが)で川下りをしたこと

そのくらいしかない


だけど、その楽しかった記憶はいまだに強く心の中に残っている




そして、再び川に“出逢った”のは大学卒業後に研修生として働かせてもらった

田歌舎  で

ここの代表(というより親方と呼んだほうがぴったりくるが...)は
大阪の枚方出身だが、京都の美山町という美しい山里に移住し
自分で家を建て、野菜や米を育て、冬には狩猟をし鹿や猪を獲り、
ラフティング、カヤック、沢登り、トレッキング、スノーシューなどのネイチャーガイドもこなす
とてもパワフルな人物


ここで、僕はラフティングという、アウトドアスポーツのガイドとなり
川との関わりが深くなってくる


そして、ここ北郷に来て
金突き(ヤス)で鮎やウナギやナマズなどを突いて獲ることや
つけ針でのウナギ釣りなんかを教えてもらい
さらに川が好きになる
まあ、まだまだ下手くそで、ちょこっとしか獲れないのですが...
こんなおもろい遊びは今までしたことなかった!っと思うくらい(笑)



けど、こんな遊びを僕に教えてくれる
おいちゃん達や地元の若者が必ずといっていいほどいう言葉

“昔はもっと川が深くてよ、あっこで飛び込んで遊びよったがね~”
“昔は田んぼの水路にウナギがいっぺおってよ、
     それをそっからここまでの間で30匹くらいは拾て歩いたがね”
“同じところにポンポンをつけとくとよ、毎日ウナギが入りよったが”
“鮎もいっぺおってよ、どっっさり突いて獲って、袋が持ちおもりしよったが”
“秋の頃になるとよ、山太郎ガ二が道をざわざわと歩きよったがね”

などなど、他にもあげればたくさんあるが
ほとんどすべて

『昔は川が今よりずっと良くて、生き物も豊富にいた』

という内容だ



『豊かだった川』を知らない僕にとって
このような話を聞くのは、羨ましい、と同時に、とても残念でならない

そして、思う
将来、自分の子供達の世代に、同じような言葉を語りたくはない と




川が悪くなった原因はいろいろとあると思う

山が荒れた、林道がたくさんぬかれた、砂防ダムが出来た、農薬の使用、
大規模畜産の糞尿、合成洗剤の使用、水洗トイレの普及、工場排水......

大小の差はあれ、どれも影響していると思う



しかし、このような物理的原因とは別に、とても大きな原因のひとつは

『人の心と、川との距離が遠くなってしまったこと』

なんじゃないかなぁと思う



人は水なしでは生きていけない
田舎に住もうが、都会に住もうが
必ずみんな暮らしの中で川と繋がっているはずだ
ただ、それが今の暮らしの中では、実感としては感じられにくい社会になっている

蛇口から出てくる水がどこからきているのか
トイレや、風呂、洗濯機などで使われた水がどこにいっているのか
それに思いを馳せられる人はそんなに多くはないだろう

自分もそうではない人間の1人だった




ちょっと前に
「洋平くんにとってカヌーって何なん?」   と友人に聞かれた

そのとき自分は
「仕事」    と答えた


けど、あとになってちょっと違うなぁと思った
僕にとってカヌーとは

『楽しさを通して、人の心と、川との距離を少し縮めるツールのひとつ』   だと思う


カヌー以外にも、魚釣りや魚突き、カニ獲り、エビ獲り、沢登りなど
そのツールはたくさんあるし、たくさんあったほうが
より多くの人が川と関わる可能性がある
たまたま、僕にとってはそれがカヌー、カヤック、ラフティングであった



このツールを使って
少しでも多くの人の心と、川との距離が近くなれば、
『豊かな川』に辿り着く道への、小さな小さな一歩になるのではないだろうか
もちろん、具体的な行動も必要になってくるが






そんな想いを込めて、僕はガイドをしています









ま、小難しく考えずに、

『楽しい!!』 と感じてもらえれば、それでいいっちゃけんどね(笑)










こころ | 23:42:34 | トラックバック(0) | コメント(1)
小さな...
昨日は 欲な他人の行動をまのあたりにして

ちょっと心に雲がかかって




けれど、それと同じように 欲な行動をする自分がおって


そのせいで、いやな気持ちになった人がいて


その一方で、それをなんとかフォローしようとしてくれる人がいて...





そして、今日は
気持ちよく 自分のモノを 僕に与えてくれる人がおって






自分の 小ささ を感じたのでした







もちっとおっきくなりたいもんじゃ





せっかくいい名をつけてもらったんだから




こころ | 22:15:33 | トラックバック(0) | コメント(0)
はじめの一歩

前々からしたいなぁとは思っていたブログ
久々にあった友人の一言もあり、ようやっと一歩を踏み出します。
自分は何かを始めるとき最初から“上手にできること”を求めてしまうきらいがある。
けど、初めからうまく出来ることなんてほとんどなくて
やってみて、失敗して、またやってみて、失敗する。
そしてまた懲りずにやってみる。
それでいいんだなと思う。
失敗を恐れてやりたいと思ったことをやらずに後悔するよりも
とりあえずやってみて、たくさん失敗していこう。
たまには“成功”!?することもあるだろう。

そんな感じで始めます。
どうぞよろしく



こころ | 01:17:48 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。